神戸防災のつどい2021のお知らせ

「神戸防災のつどい2021」防災関連団体セミナー(K-TECセミナー)

「コロナ時代の避難を考える」の開催について 

事前申込みは締め切りました。

参加のお申し込み、ありがとうございました。

予定どおり、セミナーを開催させていただきます。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、兵庫県も緊急事態宣言の対象地域に追加されましたが、当セミナーにつきましては、当初から会場への募集人員を定員の半分で設定しZoom視聴参加を可能にするなど、感染拡大防止を念頭に置いた計画となっておりますことから、予定通り開催するとの連絡を神戸市からいただきました。
 ただし、可能な限りの感染拡大防止対策を実施した上での開催を要請されておりますので、主催者といたしましても、細心の注意を払ってセミナーの運営を行ってまいります。また、会場となります神戸国際会館でも、感染予防対策に取り組んでおります。(神戸国際会館HPの「新型コロナウイルス感染症 感染予防の取り組みについて」をご参照下さい。https://www.kih.co.jp/topics/index#tp_list_403

 参加申込の皆様には、別途メールにて、開催のご案内を送付させていただきました。

 当日会場参加の皆様には、新型コロナウイルス対策に関する注意事項等を含め、ご案内をさせていただきました。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

「神戸防災のつどい2021」1月17日EVENT② 防災関連団体セミナー

 「コロナ時代の避難を考える」

主催:神戸防災技術者の会(K-TEC) 共催:神戸市

日時:2021年1月17日(日)13:30~16:00

場所:神戸国際会館セミナーハウス8階802・803号会議室

内容:

全体の概要:地震・水害・台風等、自然災害の脅威も現れ方はさまざまです。また、直面する危険から命を守るための避難行動と、自宅が居住困難となったときの避難は、その目的も意味も異なります。そして新型コロナウィルスの出現により、「密」の環境では感染症拡大リスクが高まることも広く知られてきました。阪神・淡路大震災を経験し、地域の力を高める必要性を痛感した私たちですが、今ならどうする、どうしたらいいのか、1月17日に皆さまと改めて考えたいと思います。

具体的テーマと説明者

① 今、ふり返るあのときの「避難」と「避難所」(K-TEC)

② 感染症(新型コロナ)の基礎知識(K-TEC)

③ コロナ禍における台風・大雨からの避難の対応方針(神戸市)

④ これからの避難の在り方(会場の皆様とK-TECで意見交換) 

定員:会場参加30名、ZOOM視聴参加30名 

参加費:無料

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です